犬を病気にしないための健康管理法

犬を病気にしないための健康管理法

犬を病気にしないための健康管理法

人間同様に犬も病気にかかってしまうことがあります。現代ではドッグフードの品質が良くなってきたり動物の治療技術も上がっていたりとそれによって平均寿命も長くなっています。

 

しかし長生きをすることで時には重たい病気にかかることもありますので、いつまでも元気で過ごしてもらうためには飼い主の方でも健康管理に気を配ってあげることが大切と言えるでしょう。

 

健康のために心がけなければいけないことがありますが、まず良質なドッグフードを用意してあげることです。やはり毎日食べるごはんの品質が良くなければ丈夫な体を作ることはできません。ことドッグフードに関しては低品質のものですと原材料も粗悪で栄養価も低いものも存在します。たとえ美味しそうに食べていても健康に良いとは限りませんから飼い主が厳選して用意してあげることが大切なのです。

 

ドッグフード選びのポイント

 

ドッグフード選びにはいくつかのポイントがあり、まず価格の安いものは避けることです。価格と品質は比例することが多く、価格の高いものは犬にとって欠かせないお肉を沢山使っていたり、原材料から高品質で余計な素材も含まれていません。ところが安価なものですと栄養価の低い穀類でかさましをしているようなこともあるのです。

 

無論、価格が高いから安心安全と言えないドッグフードも存在しますので一概に価格だけで選ぶのも良くありませんが、しかし安いドッグフードにはそれなりの理由があるものですから安さだけで選ぶのは要注意です。大事なのはそれなりの価格であり、そして原材料についても品質が高いことだと言えるため、選ぶ際にはよくチェックした上で購入することが必要と言えるでしょう。

 

アレルギーに関しても飼い主が理解しておくことが大事です。人間と同じくアレルギーを持っている場合もありますので、その症状として体をかゆがったり、フケが出る、ハゲができる、皮膚が赤くなる、執拗に足などをなめたり噛んだりするなどします。

 

ところが人間と違い口に出して違和感を教えてくれるわけではありません。ですから飼い主の方もアレルギーに気付かないままになっていることもあるのです。

 

なお、アレルギーが発症する場合の原因として多いのが食べ物であり、約40%程度の個体が食物アレルギーを持っていたりあるいはその疑いがあります。そしてアレルゲンを含んでいるドッグフードなどを知らずに与えていることもあるため、アレルギー検査をしてしっかりと安全について確認しておかなければいけません。

 

十分な運動による犬の健康管理

 

続いて心がけたいのが十分な運動をさせることです。動物にとって体を動かすことは大切で、それゆえに日々の散歩はしっかりと行う必要があります。運動不足に陥ってしまうと肥満体型になる恐れやストレスによって吠えたり噛みついてくることもありますので、リフレッシュをさせるという意味でも散歩は非常に重要な時間と言えるでしょう。

 

散歩はどの程度行えば良いのかについてですが、体格によって体力も違ってきますので、大きさに合わせて適切な運動時間を考える必要があります。

 

まず小型の場合には1日1回、30分以内の散歩で十分と言えます。室内で遊ばせているだけでもある程度の運動になりますし、長時間運動をすると却って負担になってしまうことがありますので長く歩かせるのはあまり良くないのです。

 

中型ですと体力も増しますので1日2回、それぞれ30分程度は歩かせた方が良いでしょう。ただ歩いているだけですと十分な運動にならないことがありますので、時折走ってみたりドッグランを利用して十分な運動を心がけた方が良いと言えます。

 

大型の場合は1日2回、30分〜60分程度の散歩は必要です。ただ運動量が必要だからといって無理に走らせたりするのは良くありません。

 

体重が重い分、関節にも負担がかかりやすいですから激しい運動をさせると却って良くないこともあるのです。大型の場合は時間をかけてじっくりと歩かせることが大切ですので、基本的には散歩自体で運動不足を解消するのが望ましいと言えます。

 

良質なドッグフードを与え、運動をしっかりとさせてあげることで元気を保ちやすくなりますから、この基本ポイントをしっかりと意識することが大切です。しかしそれだけでは不十分でもあるのです。その他にも重要なことがあり、それは飼い主とのコミュニエーションの時間をたっぷり作ること。

 

飼い主はペットからしても大切な存在で、一緒に楽しむ時間を長く持つことで健やかな肉体と精神を築くことができます。そのため一緒に遊ぶことはもちろんスキンシップも大切にしなければいけません。特にスキンシップは大事であり、顔や体などを撫でることで血圧も心拍数も安定するという研究結果もあるのです。

 

しかもその効果は人間の方にも及びます。つまり撫でる行為はお互いのためにも有意義なこととされています。また、日ごろからスキンシップを心がけることで皮膚の異常や体調の変化にも気づきやすくなりますので、日々かまってあげることが体調管理にも繋がります。

 


関連ページ

ペットフードに関する豆知識としつけについて。
ペットフードも案件愛犬の健康を考えると、いい加減には出来ないですよね?愛情深い買い主には押さえて欲しい、ペットフードに関する豆知識としつけについてわかりやすく解説しています。
手作りドックフードのレシピについて
ペットフードは購入するだけでなく、時には買い主が愛情を注いで作るというのも良いことですね!ここでは、愛犬が喜ぶ美味しいドックフードのレシピをわかりやすく解説します。