アレルギーを持っている犬にはペットフードを注意

アレルギーを持っている犬にはペットフードを注意

アレルギーを持っている犬にはペットフードを注意

アレルギーを持っているのは人間だけではなく、ペットの犬も持っている場合があります。アレルゲン(原因物質)に対して、身体の免疫反応が過剰に起こったり、それが原因で身体に炎症が起こったりするものです。

 

その場合は、食べ物で反応が起こる場合もあるので、毎日与えるペットフードにも注意をしてあげる必要があります。食べ物によってかゆみが出やすい場所は犬の場合は耳です。季節性のかゆみの場合もありますが、非季節性で頻繁に外耳炎が再発する場合は食物によって引き起こされている可能性があります。

 

またかゆみは耳だけではなく、指先、太もものつけ根、わき、胸、顔などにも表れます。市販のドッグフードなどに含まれるアレルゲンが原因でおこる皮膚のかゆみ、または下痢の症状が起こる場合があります。

 

原因として考えられる食べ物としては、小麦、とうもろこし、オートミールなどの炭水化物、牛肉、豚肉、鶏肉、たまご、大豆などのタンパク質、着色料、保存料、酸化防止剤などの添加物によって引き起こる可能性があります。

 

ペットの症状と免疫力

 

根本的な原因としては、免疫力の低下と免疫バランスの異常によるものです。免疫バランスの異常とは、様々な病気を引き起こす可能性があります。免疫バランスは、それぞれの免疫細胞がそれぞれの役割をきちんと行っている状態のことを指します。

 

侵入した異物に対して、過剰反応することによって発症するものですが、免疫の過剰反応というのは、免疫力が高いという意味ではありません。免疫力の低下が起こることによって免疫のバランスが崩れ、免疫の過剰反応が起こるのです。

 

免疫力が高いから免疫の過剰反応が起こるわけではないということを理解しておく必要があります。克服するためには、免疫力を高めて身体に抵抗力をつける必要があります。検査方法は一般的には血液検査がオーソドックスな検査方法になります。

 

これは血液の中のIgE値を調べているのです。IgE値はどの犬も血液の中に持っている免疫グロブリンEというタンパク質のことです。免疫グロブリンEとは、アレルギーを起こすアレルゲン(刺激物質)が体内に入ってきたときに、すぐに取り付いて結合して、ブロックをする役割を持っている物質になります。

 

症状の出ている犬の血液の中にはIgE値が多いはずなので血液検査をおこなうのです。しかし症状の出ている犬のすべてがIgE値が高いという単純は話ではありません。

 

IgE値が高くても症状の出ない犬もたくさんいます。IgE値の高い食べ物を食べても反応が出ない場合もあります。逆にIgE値の高い食べ物をさけても症状がよくならない場合もあります。ドッグフードの中に使用されている食べ物で、一番原因となっている確率が高い食べ物は小麦です。

 

小麦は消化率がもっとも低いということも関係しています。小麦はグルテンを多量に含んでいます。犬は小麦グルテンを消化するための消化酵素を持っていないのです。犬によっては小麦グルテンを食べることによって胃や皮膚などに反応が出る場合があります。

 

とうもろこしについても栄養価値が低く、原因となっている可能性があります。重要なのは身体の中に入ったアレルゲンの量がどれくらいまでなら症状を引き起こさずに乗り越えられるかという点です。

 

その限界点を上げるためには、抵抗力をつける必要があります。抵抗力があればアレルゲンが体内に入ってきても、ある程度までは反応を起こさないで済むのです。犬の抵抗力をつけてあげる必要があります。

 

犬の抵抗力をつけつつ、食事の内容を気をつけてあげるのが飼い主の役目です。市販されているペットフードのほとんどは、複数の穀類原材料を含んでいます。原材料の中の40パーセントから70パーセント含まれていることもあります。

 

犬の免疫力を高めるには

 

多量の穀類は犬は消化するのが困難なので症状を引き起こす可能性があります。犬の食性に合った穀物を使用していないドッグフードに切り替えてあげましょう。次に犬の抵抗力のつけ方ですが、まずは十分な栄養を与えてあげる必要があります。

 

そのためには消化と吸収の良い食事を与えてあげる必要があります。犬にとって消化と吸収の良い食べ物とは肉類になります。犬の消化器官は人間と比べて短く、肉などの高タンパク質の食事に適応しています。タンパク質を効率よくエネルギーに変えることが出来ます。

 

犬に穀物中心のドッグフードを与えていると、栄養バランスを崩してしまうことがあります。栄養バランスが崩れるということは抵抗力が弱まってしまうことに繋がります。抵抗力が弱まってしまうと、アレルゲンに耐えられなくなるどころか、様々な病気にもかかりやすくなってしまう危険性があります。

 

あとは犬の健康を維持するためにはアミノ酸が必須になります。犬は動物性タンパク質の摂取に適しているため、タンパク質の品質が高い製品ほど消化率が高くなります。

 

アミノ酸はとくに動物性タンパク質に多く含まれています。犬の健康を維持するためには、穀物を使用していない肉をベースにした高タンパク質のドッグフードを与えるようにしましょう。

 


関連ページ

獣医がおすすめするペットフードとは
犬の健康に一番詳しい人はやっぱり獣医が一番ですよね。そんな獣医がおすすめするペットフードの条件とはどんなものなのか、わかりやすく解説しています。
ペットフードは年齢別に高品質なものを選びましょう
人も年齢によって食べ物の好みなども代わってきますが、犬だって年齢でドックフードは変えるべきです!ここでは年齢別に品質の良いドックフードをあげるべき理由やえらぶポイントなどを解説しています。
ペットフードの格安販売店について
ペットフードも毎日消費されるものだけに、意外と出費がかさむものですよね。そんなペットフードを格安で販売するお店にはどんなものがあるのかを解説しています。
ペットフードは愛犬の好みで選ぶのが正解?
子供には好きなものばかり食べさせていてもいいってわけじゃないけど、やっぱりペットもそう?ペットフードは愛犬の好みで選んでいいのか、ペットフードの正しい選び方についてわかりやすく解説しています。
ドックフードやおやつ、グッツの選び方
愛犬には食事だけでなく、おやつやグッズもこだわって愛情を伝えたいのが買い主の願いではないでしょうか?ここでは、ドックフードやおやつ、グッツの上手な選び方を解説しています。
愛犬に合うペットフードを選ぶポイントとは
ドッグフードを選ぶ際には、その愛犬にあったものを選びたいものですよね?ここでは、愛犬に合うペットフードを選ぶときにおさえておくべきポイントを解説しています。
ペットのダイエットと健康を促進する無添加フード
食品添加物は少量ですが、少しづつ体に溜まっていく怖い存在…それはペットにとっても同じことですよね。ここでは、愛犬好きにおすすめしたいペットのダイエットと健康を促進する無添加フードについて解説しています。
ペットフードの人気ランキングを紹介します
ペットフードもいろいろとあるので、何を基準に選んだらよいかわからなくなる場合もありますよね!、ペットフードを選ぶさいには他のみんなが使っている人気のものも1つの判断基準になりますので、ペットフードの人気ランキングを紹介します。