獣医がおすすめするペットフードとは

獣医がおすすめするペットフードとは

獣医がおすすめするペットフードとは

自宅で飼っているペットには、どのようなペットフードを選んでいるでしょうか。なんとなく目についたものを選び購入している人も多いかと思いますが、主食となるペットフードは健康な体を作るだけでなく、生きていくうえで重要なものになります。そこで今回は、ペットの中でも一番飼っている人が多い犬の食事であるドッグフードの選び方などを詳しくご紹介いたします。

 

ドッグフードの基本的な選び方としては、次の3点があげられます。

 

  • 総合栄養食を選ぶこと
  • 年齢に合わせること
  • 体調にあわせること

 

ペットは飼い主が用意したものしか食べることができないため、健康な体を維持するためにも、主食となるものは栄養バランスに優れ、安全性の高いものを選びましょう。

 

主食には総合栄養食と記載されているものを選ぶ必要があります。総合栄養食にはペットに必要な栄養がすべて配合されています。副食と記載しているものは、あくまでもおやつということです。おいしくてペットがよく食べたとしても、主食にはなりません。

 

そして年齢に合わせて選ぶことも重要です。子犬の場合には、パピー用、子犬用などといった記載がされている成長期用のものを選ぶ必要があります。成長期とは犬の種類によっても異なりますが、小型犬の場合には約6か月間、大型犬の場合には一年間ほどが成長期とされています。

 

目安として、一年間は成長期用のドッグフードを与えるとよいでしょう。成犬の場合には7歳ごろまではアダルト用、成犬用などの記載のあるものを選びましょう。肥満が気になる場合にはカロリーオフのものを選ぶとよいでしょう。

 

高齢犬に明確な定義はありませんが、だいたい7歳から10歳ごろが高齢に入る目安といえます。高齢犬は成長期と比べると、必要となる栄養素のバランスがかわってくるので、さらに配慮した食事が必要になります。

 

そして体調がよくない時にも配慮が必要です。食欲がない時やおなかを壊している時など、体調にあった食事もあります。それは獣医の診察を受けて処方される食事です。それぞれの体調に合わせて処方されるので、自己判断では与えないように気を付けましょう。

 

獣医がお勧めするドッグフード

 

ドッグフードは市販のものとなると、かなりの種類があり、またどんどん新商品として新しいものが販売されるため、どれを選べばよいのかわからないという飼い主も多いでしょう。獣医さんがおすすめするドッグフードは、無添加のものです。

 

無添加ではないドッグフードと比べると、若干値段は高めの設定となります。しかしペットとはいえ家族のような存在ともいえるため、安全性を優先するのは当然のことといえます。

 

ドライフードには、開封後も長期保存ができるようにと、何かしらの添加物が配合されています。自然派由来の酸化防止剤であれば体に優しく安心して食べさせることができますが、中には人間には使用されることのない合成保存料が使用されている場合もあるのです。

 

添加物を見分けることのできない犬にとっては摂取しなくてもよい添加物が含まれていることがあるので注意が必要です。数あるドッグフードの中から自分の愛犬にぴったりのフードを選ぶためには、ドッグフードのパッケージをじっくりと見ることが大切です。パッケージの側面や裏側にはたくさんの情報が記載されているのです。

 

そして愛犬を家族の一員であると思っているのは誰でも同じでしょう。しかし家族と同じであっても必ず食事は別にするようにしましょう。人間にとって栄養バランスが大切であるように、犬にも犬にあった栄養バランスが大切です。人間にとって栄養バランスのよい食事が、必ずしも犬にとっても栄養バランスがよいとは限らないのです。

 

喜んで食べるからといって、脂っぽいものやしょっぱいものを与えるのは健康的にリスクがあります。汗をかくことができない犬は体温調節がうまくできません。塩分は人間と同じように必要ではなく、脂肪を取りすぎることは肥満につながるのです。また犬にも生活習慣病にかかる犬が増えています。栄養バランスの良い食事、散歩などの運動をしっかりと行い体重を維持するように努めましょう。

 

それでは獣医がおすすめするドッグフードをご紹介いたします。まず最初にカナガンです。カナガンで使われている原材料は、すべて人間か食べられるほどの高品質なものです。ほかのドッグフードよりも食いつきがよいという評判もあり、特に子犬や小型犬にはぴったりでしょう。病気のリスクを減らすだけでなく、よりよい生活をおくるためにも、おすすめできるドッグフードといえるでしょう。

 

そしてナチュラルドッグフードです。ナチュラルドッグフードは、人工的な添加物を一切使用していません。選び抜かれた11種類の天然素材を厳選しています。体にも吸収しやすく、本来の自然治癒力を引き出してくれるでしょう。もとは、体質の改善を目的に作られたドッグフードであるため、下痢や便秘など、体調を崩し気味のペットにもぴったりです。

 


関連ページ

ペットフードは年齢別に高品質なものを選びましょう
人も年齢によって食べ物の好みなども代わってきますが、犬だって年齢でドックフードは変えるべきです!ここでは年齢別に品質の良いドックフードをあげるべき理由やえらぶポイントなどを解説しています。
ペットフードの格安販売店について
ペットフードも毎日消費されるものだけに、意外と出費がかさむものですよね。そんなペットフードを格安で販売するお店にはどんなものがあるのかを解説しています。
アレルギーを持っている犬にはペットフードを注意
アレルギーは人間だけでなく、ペットの健康にとっても深刻な問題です。ペットフードを選ぶ際に、ペットのアレルギーを考慮して選ぶために知っておきたいことを解説しています。
ペットフードは愛犬の好みで選ぶのが正解?
子供には好きなものばかり食べさせていてもいいってわけじゃないけど、やっぱりペットもそう?ペットフードは愛犬の好みで選んでいいのか、ペットフードの正しい選び方についてわかりやすく解説しています。
ドックフードやおやつ、グッツの選び方
愛犬には食事だけでなく、おやつやグッズもこだわって愛情を伝えたいのが買い主の願いではないでしょうか?ここでは、ドックフードやおやつ、グッツの上手な選び方を解説しています。
愛犬に合うペットフードを選ぶポイントとは
ドッグフードを選ぶ際には、その愛犬にあったものを選びたいものですよね?ここでは、愛犬に合うペットフードを選ぶときにおさえておくべきポイントを解説しています。
ペットのダイエットと健康を促進する無添加フード
食品添加物は少量ですが、少しづつ体に溜まっていく怖い存在…それはペットにとっても同じことですよね。ここでは、愛犬好きにおすすめしたいペットのダイエットと健康を促進する無添加フードについて解説しています。
ペットフードの人気ランキングを紹介します
ペットフードもいろいろとあるので、何を基準に選んだらよいかわからなくなる場合もありますよね!、ペットフードを選ぶさいには他のみんなが使っている人気のものも1つの判断基準になりますので、ペットフードの人気ランキングを紹介します。