ドックフードやおやつ、グッツの選び方

ドックフードやおやつ、グッツの選び方

ドックフードやおやつ、グッツの選び方

犬を飼うのが初心者の場合ですと分からないところがいろいろ出てくるものです。愛犬の健康のためにも注意した方が良いことがありますからここで確認しておきましょう。

 

はじめにドックフードについてです。健康をダイレクトに支える存在ですから何でも良いというわけにはいきません。適当なものを選ぶと元気がなくなったり、病気にかかりやすくなるなどしますので、飼い主が吟味して選んであげる必要があるのです。

 

選ぶ時のコツとしてまず安価なドックフードは避けることです。必ずとは言えないものの価格と品質は比例していることが多く、安価なものですと品質が良くないことがあります。例えば栄養価の低い穀類が主成分になっていたり、犬にとって必要なたんぱく質が少ない、余計な添加物が加えられているなど、安いものはそれなりの品質です。

 

パッケージには一見すると良さそうなことが書かれているものの、実際は与えない方が良いと言える成分内容になっていることもあります。パッケージだけで選ぶのは良くありませんから確実に成分表示をチェックしておく必要があります。

 

アレルゲンが入っていないかどうかもチェックポイントです。食物アレルギーを持っている犬も多く、しかもよく配合されている牛や豚、米などに対してアレルギーを持っていることもあります。

知らずに与えてしまうと皮膚がただれたり赤みが出てしまう、いつも体のどこかを痒がるなどの症状が出てしまいます。そのため愛犬のアレルギーについてきちんと検査を受けておくのはもちろんのこと、注意が必要な成分が配合されていないか確認してみて選ぶことが大切です。

 

ドックフードを選ぶ際には形状にも着目してみた方が良いと言えます。固形や半固形、ウェットといった種類がありますが、どれを選ぶかも大切なのです。

 

基本的には固形を選ぶのが基本であり、理由はまず歯に付着しにくいからです。半固形やウェットですと歯垢として残ってしまいやすくなりますので、虫歯や歯周病の原因になり、そして口臭も発生させてしまいます。歯の健康が損なわれてしまうと犬も元気がなくなってしまいますから、歯のことを考えたら固形を選ぶようにした方が安心と言えます。

 

固形が良い理由に保存料の安全性が高いからです。半固形やウェットタイプのような液体が含まれているものですと傷みやすい傾向があるために防腐剤が入っていることがあります。それが犬にとっては不要な成分でもあり健康を害する恐れもありますから、そうした保存料の不要な固形の方が安全性は高いと言えるでしょう。もちろん固形タイプでも余計な保存料が含まれているものもありますので、その点はよく見極める必要があります。

 

犬のおやつを選ぶポイント

 

続いておやつを選ぶ時のポイントを見てみましょう。おやつも食べ物ですから当然、成分や添加物、アレルゲンなどに注意して選ぶことが大切ですが、その他にも注意したいのが大きさです。

 

子犬の場合ですと喉に詰まらせてしまう恐れがありますので、そのまま飲み込んでしまいそうなサイズのおやつには注意した方が良いでしょう。また、よく棒状の食べ物も売られていますが噛み続けることによって危険なサイズになってしまうこともあります。

 

迂闊にあげてしまうと丸飲みをして喉に詰まってしまうことがありますから、丸飲みをしても問題ないサイズを選んだり、飲み込めないサイズのものでも小さくなった時には取り上げるなどの注意が必要です。

 

安全のためには飼い主もきちんと見ててあげることも大切です。与えっぱなしにするといつの間にか飲み込んでしまうようなことがありますので、目の届くところで与えるようにした方が良いでしょう。

 

なお、犬の性格によっては取りあげようとすると、取られたくないために丸飲みをしようとする場合があります。ちゃんとしつけをしておかないといざとなった時にも危険ですから、飼い主が手を出したら返すようにしつけをするのも安全のためのポイントです。

 

犬用のグッズ選びのポイント

 

最後に犬用のグッツ選びのポイントについてですが、注意したいのがおもちゃ選びをする時です。おもちゃですからアレルギーの心配は少なく、年齢や好みに合わせて自由に選ぶことができます。しつけにも役立つものもありますし、大事なコミュニケーションの時間にもなりますので率先して活用したい存在と言えるでしょう。

 

しかしおもちゃ選びにも注意しなければいけないことがあり、やはりサイズには気を付けなければいけません。飼い主からすれば、ただのおもちゃを与えているつもりですが、犬からすればそうとも限りません。時には食べ物のように噛んでしまいますし、場合によっては飲み込んでしまう恐れもあります。

 

食べ物の場合ですと飲み込んでしまってもそのうち分解されますのでまだ良いのですが、人工物ですと胃の中に残ってしまう危険性があるのです。現に思いもよらないものを犬が飲み込んでいたという出来事もありますので注意して選ばないといけません。特に子犬の頃は飲み込むリスクも高いですからサイズの小さいものは避けた方が無難と言えます。


関連ページ

獣医がおすすめするペットフードとは
犬の健康に一番詳しい人はやっぱり獣医が一番ですよね。そんな獣医がおすすめするペットフードの条件とはどんなものなのか、わかりやすく解説しています。
ペットフードは年齢別に高品質なものを選びましょう
人も年齢によって食べ物の好みなども代わってきますが、犬だって年齢でドックフードは変えるべきです!ここでは年齢別に品質の良いドックフードをあげるべき理由やえらぶポイントなどを解説しています。
ペットフードの格安販売店について
ペットフードも毎日消費されるものだけに、意外と出費がかさむものですよね。そんなペットフードを格安で販売するお店にはどんなものがあるのかを解説しています。
アレルギーを持っている犬にはペットフードを注意
アレルギーは人間だけでなく、ペットの健康にとっても深刻な問題です。ペットフードを選ぶ際に、ペットのアレルギーを考慮して選ぶために知っておきたいことを解説しています。
ペットフードは愛犬の好みで選ぶのが正解?
子供には好きなものばかり食べさせていてもいいってわけじゃないけど、やっぱりペットもそう?ペットフードは愛犬の好みで選んでいいのか、ペットフードの正しい選び方についてわかりやすく解説しています。
愛犬に合うペットフードを選ぶポイントとは
ドッグフードを選ぶ際には、その愛犬にあったものを選びたいものですよね?ここでは、愛犬に合うペットフードを選ぶときにおさえておくべきポイントを解説しています。
ペットのダイエットと健康を促進する無添加フード
食品添加物は少量ですが、少しづつ体に溜まっていく怖い存在…それはペットにとっても同じことですよね。ここでは、愛犬好きにおすすめしたいペットのダイエットと健康を促進する無添加フードについて解説しています。
ペットフードの人気ランキングを紹介します
ペットフードもいろいろとあるので、何を基準に選んだらよいかわからなくなる場合もありますよね!、ペットフードを選ぶさいには他のみんなが使っている人気のものも1つの判断基準になりますので、ペットフードの人気ランキングを紹介します。